デスゲーム系のおすすめ漫画『リアルアカウント』の紹介&レビュー “命を預けられるか?背負えるか?究極のSNSデスゲーム!”

realaccount

どうも、最近SNSを始めたばかりのみずしばです。

今回は、デスゲーム系の漫画『リアルアカウント』の紹介&レビューをします。

原作:オクショウ先生による作品で、SNSを中心に、近年話題になりがちなネットやスマホに関することを題材に、命を懸けた理不尽デスゲームを描いた作品です。

他のデスゲーム漫画とは何が違うの?

理不尽なデスゲームに巻き込まれ、ゲームをクリアしないと”死”という点は他作品と同じですが、圧倒的に違うのはその”理不尽”さと物語の奥深さ

特にSNSやネットを題材にしたデスゲームが多く、ネット民からすると、やや心が痛い内容でもあります...

SNSの”フォロー”や”フォロワー”がゲームに大きな影響を及ぼす...

リアルとネットが交差するこの時代、あなたはどう生きる!?

そして、本当に少年誌かと疑うほどの、エロティックやバイオレンスな描写にも注目です!

それではその魅力をご紹介していきます(極力ネタバレはしません)

デスゲーム度  ☆☆☆☆☆

ギャンブル度  ☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆

リアル度    ☆☆☆

ギャグ度    ☆☆☆

realacountリアルアカウント

[オクショウ]

 出版社:講談社

作品情報

作品名  リアルアカウント
作者  原作:オクショウ、作画:渡辺静
ジャンル  デスゲーム
掲載誌  別冊少年マガジン、週刊少年マガジン
連載期間  2014~2019年(連載中)
単行本巻数  23巻
主なメディア化  実写映画化予定

※2019年10月時点情報

リアルアカウントはこんな人におすすめ

・究極の理不尽デスゲームが見たい人

・謎に包まれたストーリーも楽しみたい人

・人間の生き様などの感動的な部分も見たい人

・フォロワー増やしたい人

リアルアカウントってどんな漫画?

主人公

【第1部】

kashiwagiataru
(引用:“オクショウ『リアルアカウント』講談社”)

柏木アタル(かしわぎあたる)

第1部の主人公。高校2年生。

現実では上辺だけの付き合いで本当の友達と言える人はおらず、SNSの中で友達を増やし、現実逃避気味にSNSの中だけで心を癒していた。

両親はおらず、妹のユリと二人で暮らしている。

強がりな性格で、現実の同級生にもSNSをやっていることは隠している。

弟がいたが、事故で亡くしている。

家族に関して深い過去があり、衝撃の秘密を抱えている...

【第2部】

mukaiyuma
(引用:“オクショウ『リアルアカウント』講談社”)

向井ユウマ(むかいゆうま)

第2部以降の主人公。高校2年生。

アタルと同じく、現実では上辺だけの付き合いで本当の友達はおらず、SNSを心の拠り所にしている重度のSNSユーザー。

もちろん同級生にはSNSの利用を隠している。

幼い頃の記憶が無く、児童養護施設で育った。

同じような境遇で育った幼馴染で恋人でもある柚原ナナコには、全てをさらけ出し唯一心を開いている。

衝撃の過去があり、その真実が徐々に明らかになっていく...

概要と特徴

riaaka
(引用:“オクショウ『リアルアカウント』講談社”)

国内最大級で誰もが知っている国民的SNS「リアルアカウント」

株式会社リアルアカウントが運営し、実名登録で信憑性も高く、日本では知らない人はいない圧倒的シェアを誇るSNSサービスです。

「リアルアカウント」は物語内では「リアアカ」と略されます。

ある日、リアアカユーザーのスマホ画面が急に光りだし、気が付いたら謎の空間に大勢の人が移動させられていたのです。

吸い込まれた謎の空間で、強制的に理不尽なデスゲームに参加させられてしまいます...

そしてその様子は日本全国に生中継されているのです!

そこで本作の特徴でもある”SNS“を題材にしたデスゲームが見どころ。

現実世界の”フォロワー“の数がゲームに大きく影響し、”フォロワー”の数が自分の命に直結するのです。

プレイヤー達は現実世界の”フォロワー”に支えられ、数が多いほどゲームを有利に進められることが多いのも特徴です。

そして本作のキャッチフレーズにもなっている、『フォロワー0で即死亡』

“フォロワー”の存在がプレイヤーの命運を握る...!

いかに”フォロー”を外されないかが鍵となるのです。

プレイヤー達は過酷で理不尽なデスゲームに挑みつつ、フォロワー数を維持することができるのか!?

生きる残る為に「リアルアカウント」が用意したデスゲームの全クリを目指し、リアルアカウント社の謎に迫ります!

リアルアカウントのここが魅力!

最強の理不尽

rihuzin
(引用:“オクショウ『リアルアカウント』講談社”)

理不尽っぷりがエグいです。

まずデスゲームそのものも内容がえげつない。

ルールも鬼で、かなり難易度高くて正直スーパーハードモードです。

だからこそハラハラして目が離せません!

それに加えて、“フォロー”と”フォロワー”の関係性がヤバいんです。

キャッチフレーズにもある通り、”フォロワー”が0人になったら即死亡!

ではその逆の、“フォロー”相手が死亡した場合は...?

SNS社会のリアルさ

snssyakai
(引用:“オクショウ『リアルアカウント』講談社”)

“フォロー”と”フォロワー”の関係性について触れましたが、そこが現代のリアルさでもあります。

「自分じゃなくても...」「他の誰かが...」「みんながそうなら...」「顔も知らないし...」

特にSNSだけの繋がりだと、こういった関係性の薄さが露呈し始め、プレイヤー達をさらに追い詰めます。

そして、SNSやスマホを中心に、現実的に話題になりがちな題材をデスゲームに多く取り入れています。

いいねの数、黒歴史、炎上、既読スルー、DQN、歩きスマホ、ポ〇モンGO、自粛、匿名などなど、何かと話題になりがちな要素とデスゲームを掛け合わせています。

普段からこういうものに敏感なネット民は色々と感じるものがあるかもしれません...

閃きと頭脳戦

めちゃめちゃ難易度の高いデスゲームですが、その攻略法が面白い!

どれだけルールを正確に把握できるか、ルールの裏を突けるか、などが重要になってきます。

ただ単にデスゲームをクリアすれば良いという訳ではありません。

何故ならその光景が生中継されているから!

その先には”フォロワー“がいるから...!

頭脳、閃き、決断力、度胸など、多くのスキルが必要です。

壮絶なストーリー

第1部と第2部以降では主人公が変わります。

しかもかなり関係性の深い二人...!

途中までは同じ時系列の物語を別視点で描いていますが、物語が進めば進むほど、さらなる謎が湧き出てくる!

このゲームの目的は何なのか?誰が黒幕なのか?リアアカ社とは何なのか?

いったい何が真実なのか...

作者とその他関連情報について

作者

オクショウ

1992年4月9日生まれ。宮崎県出身。

別冊少年マガジンで公募された「頭脳バトル漫画コンペ」で受賞。

その後、別冊少年マガジンにて「リアルアカウント」の連載が開始。

漫画家だけでなく、放送作家、脚本家、演出家、プロデューサー、など、多くの肩書を持ち多岐に渡って活動しています。

自身も番組に出演するなど露出も多く、YouTubeやTwitterでも自身の活動を発信し、活動の幅を広げています。

漫画の主な別作品は「ミエタミエナイセカイ」「バックステージ!」など

TV番組では、AKB48や乃木坂46などのアイドルグループの番組の制作にも多く携わっています。

主なメディア化

2018年1月に実写映画化決定の情報が公式に発表されましたが、2019年10月現在、その後の情報はありません。

どうなるのでしょうか...

6年近くも続いている人気作品ですので、続報に期待したいです。

その他のメディア化にも大いに期待です!

おわりに

命を預けられるか?背負えるか?究極のSNSデスゲーム!『リアルアカウント』を紹介させていただきました。
→ リアルアカウントの電子書籍はこちら

今の僕だったら一瞬でフォロワー0人になる…笑

死に直面した時、あなたなら自分の命とどう向き合う?

そんな死と隣り合わせの者たちの生き様にも注目です!

SNSでの繋がりは便利な反面、人間の醜い部分が垣間見れる恐ろしいツールでもあります。

そんな現代社会を風刺しているかのような作品でもありますので、是非読んでもらいたいです!

民度を高めて、SNSとは上手に向き合いましょう。

他のデスゲーム系の漫画もまとめて紹介してますので、是非こちらの記事も↓

deathgamekeiosusume 『デスゲーム』系のおすすめ漫画8選|ガチの漫画オタクがジャンル別のおすすめ漫画をご紹介

最後まで見てくれてありがとうございました。

ではまた!

realacountリアルアカウント

[オクショウ]

 出版社:講談社

mizushiba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です