ギャグ・コメディ系のおすすめ漫画『中間管理録トネガワ』の紹介&レビュー “あの帝愛社内を描いた悪魔的中間管理スピンオフ!”

chuukankanrirokutonegawa

どうも、基本的にスピンオフ作品は網羅するみずしばです。

今回は、コメディ・ギャグ系の漫画『中間管理録トネガワ』の紹介&レビューをします。

福本伸行先生による『カイジ』シリーズのスピンオフ作品で、賭博黙示録編で登場する悪役「利根川」が主役のほのぼのギャグ漫画となっています。
利根川ってあんまり良いイメージないんだけど...

その通りで、『カイジ』本編で登場する悪魔的ギャンブルを裏で仕切り、多くの債務者たちを地獄へ突き落す、結構な正統派悪役として登場します。

悪役ながらも、放つ言葉が的を得ていて、数々の名言を放つ魅力的な人物であるのも特徴だったりします。

そんな正統派悪役が、悪魔的中間管理職としてギャグ・コメディ漫画に参戦!

とにかく面白くて笑える!圧倒的ギャグ漫画として純粋に楽しめます。

本編ではあまり描かれていない帝愛社内の様子にも注目です!

それではその魅力をご紹介していきます(極力ネタバレはしません)

まったり度   ☆☆☆☆☆

ギャグ度    ☆☆☆☆☆☆

リアル度    ☆☆☆

ストーリー度  ☆☆

バイオレンス度 ☆

tonegawa中間管理録トネガワ

[福本伸行]

 出版社:講談社

作品情報

作品名  中間管理録トネガワ
作者  原作:萩原天晴、協力:福本伸行
ジャンル  ギャグ・コメディ
掲載誌  月刊ヤングマガジン、コミックDAYS
連載期間  2015~2019年(連載中)
単行本巻数  9巻
主なメディア化  TVアニメ化

※2019年11月時点情報

中間管理録トネガワはこんな人におすすめ

・日常生活のあるあるを楽しみたい人

・福本節の圧倒的ギャグ漫画を楽しみたい人

・『カイジ』シリーズが好きな人

・中間管理職の人

中間管理録トネガワってどんな漫画?

主人公

tonegawa
(引用:“福本伸行『中間管理職トネガワ』講談社”)

利根川幸雄(とねがわゆきお)

帝愛ファイナンスを筆頭とする“帝愛グループ”の最高幹部の一人

機転が利いたり頭の回転が早いなど、極めて有能人材で、部下からの信頼も厚い。

帝愛グループの総帥で”会長”と呼ばれる「兵藤和尊」の側近でもあり、常に会長の機嫌を伺いながら会長の思うがままに動く。

自身も勤める帝愛グループを”ブラック企業”と半ば認めており、それでも仕事に喜びややりがいを見出し、居心地の良さを感じている。

お手本のようなサラリーマン精神。

部下想いで心根は優しいが、その反面、兵藤会長の側近を務めるだけあり、悪魔的な一面も兼ね備える。

概要と特徴

kunoukattoou
(引用:“福本伸行『中間管理職トネガワ』講談社”)

『カイジ~賭博黙示録~』のエスポワール編から登場する、帝愛の幹部「利根川」を主役として描いたスピンオフ作品です。

『カイジ』本編より過去の物語で、カイジと出会う前の平和的でほのぼのとした、利根川の中間管理職の様をただひたすらに描いている作品です。

本編のストーリーと直接的な関係はありませんが、本編で登場する悪魔的ギャンブルや、最狂の悪役兵藤の裏側を見れるので、本編を知っているとより楽しめます。

己の人生を賭けた壮絶な駆け引きや頭脳戦・・・というのはもちろん無く、利根川の帝愛社内の悪魔的中間管理を存分に堪能できる作品なのです...!!

そもそも”帝愛”とは、帝愛ファイナンスを筆頭に展開する超巨大金融グループ、”帝愛グループ”のことです。

帝愛グループからお金を借りて返せなくなった多重債務者たちを、本編では様々な形で描いています。

カイジもその一人です。

そして、そんな帝愛グループの最高幹部であり、悪魔的中間管理職の座に君臨するのが”利根川幸雄”

兵藤会長の側近を務めながら、部下の黒服たちを統括し帝愛を支える重要なポジション!

そんな利根川の、”会長”と”黒服たち”をめぐる壮絶な中間管理に奮闘する日々を描く、圧倒的スピンオフ作品です...!

様々な社内あるあるを中心に、帝愛に勤める個性豊かな社員たちが奏でるほのぼの日常に、ドハマりすること間違いなし!

中間管理録トネガワのここが魅力!

悪魔的中間管理...!

chuukankanri
(引用:“福本伸行『中間管理職トネガワ』講談社”)

帝愛の幹部として、部下である多数の黒服たちを束ねなければならない、帝愛でも最も重要なポジションとも言えます。

兵藤会長の機嫌を伺いながらも、その意向に沿う為に、黒服たちをまとめて圧倒的業務を遂行する...!

やり場のない思いを抑え込みながら、心の中でひたすらツッコむ姿は最高に面白い。

黒服たちへの容赦ない悪魔的ツッコみも笑いが止まりません。笑

想像を遥かに超えるボケやツッコみが異次元過ぎる...!

圧倒的時事ネタ...!

omoshirozizineta
(引用:“福本伸行『中間管理職トネガワ』講談社”)

近年話題になったり騒がれていることも、すぐに作品内に登場させます。

それを面白おかしく帝愛メンバーが奏でる...!

良い歳したオジサンたちがはしゃぐ姿も微笑ましい。

本編ではゴリゴリの悪役でも、これを見るとなんだか憎めない。笑

意外的ストーリー性...!

基本的には1話完結のオムニバス形式ですが、作品全体としてはきちんとそれ相応に時間が経過していて、意外にもストーリー性はあります。

チーム利根川の黒服たちの成長の過程も感じれて、意外にも感情移入してしまいます。

帝愛社内の成長の物語にも注目です!

とにかくオモシロい...!

foam
(引用:“福本伸行『中間管理職トネガワ』講談社”)

本作を一言で表すと、とにかくオモシロい!!

これに尽きます。

文句なしに面白い。笑いが吹き出すのは必至です。

電車の中で読む際はご注意を...

作者とその他関連情報について

作者

福本伸行(ふくもとのぶゆき)

1958年生まれ。神奈川県出身。

21歳頃、月間少年チャンピオンにて「よろしく純情大将」の連載でデビュー。

作風はギャンブル系の作品が多く、緻密な心理描写や強烈な人物描写が特徴。

独特な文法や言い回し、言葉選びも特徴的。

青年誌にはめずらしく女性キャラクターの登場が極端に少ないことに対し、福本先生は「ギャンブルの世界に女性はいらない」と語っているとのこと。

主な有名作品は「カイジ」「アカギ」「零」「銀と金」「黒沢」など。

主なメディア化

2018年にTVアニメ化。

本編のTVアニメ『逆境無頼カイジ』とは、登場人物の声優が一部変更されています。

放送枠を一部ジャックする形で、『1日外出録ハンチョウ』のアニメも放送されました。

おわりに

悪魔的中間管理職による圧倒的スピンオフ...!『中間管理録トネガワ』を紹介させていただきました。
→ 中間管理録トネガワの電子書籍はこちら

1巻の1ページ目からもう面白い。笑

ギャグセンス高すぎて制作陣の方々には脱帽です...

僕が読んできたギャグ・コメディ系の漫画では断トツの一番です!

ファンはかなりの数いると思うので、さらなるコラボにも期待です。笑

ですが、公式で10巻で完結すると発表されてしまいました...

悲し過ぎますが、最高の最後に期待しています!!

同じくスピンオフ作品の『1日外出録ハンチョウ』もまた別視点で面白いので是非こちらの記事も↓

1nichigaisyuturokuhancho ギャグ・コメディ系のおすすめ漫画『1日外出録ハンチョウ』の紹介&レビュー “圧倒的かつ悪魔的!飯テロスピンオフ...!”

最後まで見てくれてありがとうございました。

ではまた!

tonegawa中間管理録トネガワ

[福本伸行]

 出版社:講談社

mizushiba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です