『ホラー・グロ』系のおすすめ漫画10選|ガチの漫画オタクがジャンル別のおすすめ漫画を紹介

hora-guroosusume

どうも、なんだかんだホラーとグロが定番なみずしばです。

今回は、個人的におすすめな『ホラー・グロ』ジャンルの漫画10選をご紹介します。

定番の心霊描写や、謎の生命体や超常現象によるパニックホラー、残酷で過激なグロ描写など、かなり幅広いジャンルなのも特徴です。

ホラー系の漫画ってあんまり思いつかないんだけど...

確かに、ホラー・グロ系の漫画はどちらかというとマイナー作品が多く、読み手によって好き嫌いがかなり分かれるジャンルだとも思います!

ハラハラドキドキする非日常の恐怖の世界をみんなにもどっぷり体感してほしい!

だって、結局みんなホラーとかグロとか好きでしょ?笑

それではそれぞれの漫画をご紹介してきましょう!(極力ネタバレはしません)

 目次

恐怖と戦慄のループ…【カラダ探し】

karadasagashiカラダ探し

[ウェルザード]

 出版社:集英社

2014年から2019年まで少年ジャンプ+にて連載。完結済み。原作はウェルザード、作画は村瀨克俊。2017年にWebアニメ化。

ホラー度    ☆☆☆☆☆

グロ度     ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆

カラダ探しってどんな漫画?

とある高校で怪談として語られていた「赤い人」。

学校内で「赤い人」に遭遇してしまうと、自分の体のパーツを探すように頼まれるというもの。

何人かの生徒が「赤い人」に遭遇してしまい、怪談として語られていた「カラダ探し」が現実と化してしまう…!

毎晩、”同じ日”、”同じ時間”に開催される「カラダ探し」

全てのパーツを見つけるまでその恐怖からは逃れられず、死ぬことすら許されない。

恐怖の「赤い人」から逃れながら、カラダを探す恐怖と絶望の時間を繰り返す…!

カラダ探しのここがすごい

怪談という定番のホラー要素を中心に置きながら、恐怖の対象の「赤い人」は、走って追いかけてきたり素手で惨殺したりと、物理的に恐怖を与えているのが斬新!

圧倒的な力の差により理不尽に殺される絶望感もえげつないっ…!

「カラダ探し」には数多くのルールが存在し、そのゲーム性によりさらに面白みが増しています。

定番ホラー」「物理的恐怖」「ゲーム性」を詰め込んだ特濃ホラー漫画です。

マジカルに殺戮…!【魔法少女オブ・ジ・エンド】

mahosyojooftheend魔法少女オブ・ジ・エンド

[佐藤健太郎]

 出版社:秋田書店

2012年から2017年まで別冊少年チャンピオンにて連載。完結済み。作者は佐藤健太郎。メディア化情報は無し。

ホラー度    ☆☆☆

グロ度     ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆☆

魔法少女オブ・ジ・エンドってどんな漫画?

いつものように平凡な日常を過ごしていた・・・

はずだったが、一瞬にして残酷で悲惨な非日常へと変わってしまう。

街のいたるところに謎の「魔法少女」が現れ、人類の大虐殺が始まる...

特殊な武器や能力を用いて、人間をいとも簡単に惨殺する。

この地獄のような世界を生き抜く為、魔法少女に抗い奮闘する、SFパニックホラー。

「魔法少女」とはいったい何者なのか...?

魔法少女オブ・ジ・エンドのここがすごい!

魔法少女が暴れ回るだけのただのパニックホラーではなく、それぞれの登場人物や魔法少女側も色濃く描いた超壮大なストーリーとなっています。

過去や未来など様々な時間軸でも物語は展開され、予想を裏切る展開の連続です!

特殊な武器や能力を持った魔法少女たちの闘いもみどころで、SFバトル要素パニックホラーを掛け合わせたハイブリッド漫画です。

不気味な逆襲ホラー【ジンメン】

jinmenジンメン

[カトウタカヒロ]

 出版社:小学館

2016年から2019年までサンデーうぇぶりにて連載。完結済み。作者はカトウタカヒロ。メディア化情報は無し。

ホラー度    ☆☆☆☆

グロ度     ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆

ジンメンってどんな漫画?

数年ぶりに故郷に帰り、懐かしい動物園に足を運ぶと、人が動物に襲われている現場を目撃する。

その動物には人間のような”顔”が付いており、ある程度の知能もあり言葉を発することも可能。

顔が付いた”人面動物“たちの圧倒的な力に、人間は一方的に蹂躙されてしまう...

なぜ動物に顔が付いているのか?

なぜ執拗に人間を襲うのか?

顔を持ち知能を持った動物たちが、逆襲のために人類に牙を向く、戦慄のキモグロパニックホラー

ジンメンのここがすごい!

人間は誰しも心のどこかで、”生物の中で人間が一番強い”と思ってしまっている…

そんな思いにメスを入れるような奥深い作品のような気もします…

動物たちが人間を虐殺するパニックホラー漫画ではありますが、動物好きの人は少し切ない思いになるかも。

しかし、顔が付いた動物たちがめちゃんこキモくて超不気味!

そのおぞましさは圧巻です...

その町には掟がある…【火葬場のない町に鐘が鳴る時】

kasoubanonaimachinikaneganarutoki火葬場のない町に鐘が鳴る時

[和夏弘雨]

 出版社:講談社

2015年から2019年までeヤングマガジンにて連載。完結済み。作者は和夏弘雨。メディア化情報は無し。

ホラー度    ☆☆☆☆

グロ度     ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆☆

火葬場のない町に鐘が鳴る時ってどんな漫画?

人口6000人の小さな町「みとず町」が舞台。

この田舎町では18時になると不気味で不思議なチャイムが鳴り響く。

このチャイムが鳴ったら夜明けまで外に出てはならないという掟があり、住民は忠実にその掟を守っていた。

数年ぶりにみとず町に帰省した主人公はこの掟の存在を知らず、18時の不気味なチャイムが鳴り響く...!

掟を破ってしまった主人公の目の前に現れたのは、不気味でおぞましい姿の「冥奴様」と呼ばれるバケモノだった…

この町の正体はいったい...?

火葬場のない町に鐘が鳴る時のここがすごい!

ゲームや映画にもなった「サイレン」という作品にどことなく設定は似ていますね。

チャイムの存在がとにかく不気味で、チャイムが鳴った後に外にいる時のドキドキ感ハラハラ感は堪らないですよね。

何なら家の中に居てもそこそこ怖いっていう脅威のしつこさ。

賛否が分かれる作品ではあるようですが、読んでみる価値ありです!

極限のサバイバルホラー【モンキーピーク】

monkeypeakモンキーピーク

[志名坂高次]

 出版社:日本文芸社

2016年から2019年まで週刊漫画ゴラクにて連載。完結済み。作者は志名坂高次。メディア化情報は無し。
→ モンキーピークの詳しい記事はこちら

ホラー度    ☆☆☆☆

グロ度     ☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆

リアル度    ☆☆☆☆

ギャグ度    ☆

モンキーピークってどんな漫画?

藤谷製薬の社員40名は、会社のレクリエーションとして”しらび山”の登山に来ていた。

そんな最中、突如”“のような謎の怪物に社員が襲われてしまう。

社員が殺害された現場だけが無残にもその残酷さと恐怖を物語っていた。

いつまた怪物が襲ってくるか分からない。

恐怖に怯えながら、とにかく下山を目指す一行だったが...

藤ヶ谷製薬の社員たちによる、生き残りを懸けた長い長い極限のサバイバル生活が始まる...!

モンキーピークのここがすごい!

“飢え”や”恐怖”など、死に直面した人間の本性や醜さ、生き様など、集団行動ならではの人間のリアルさが綿密に描かれています。

仲間が減り、食料も減り、水分も減り...極限状態に陥った人間の本性が現れだし、その状態での集団行動の恐ろしさがリアルです。

謎めいた怪物、”猿”と、いち一般企業の藤谷製薬という会社をめぐって、山に足を踏み入れた様々な人たちを巻き込んで物語が展開されていきます!

とにかく続きが気になっちゃって読む手が止まりません!

絶望と疑心暗鬼…【シグナル100】

signal100シグナル100

[宮月新]

 出版社:白泉社

2015年から2016年までヤングアニマルにて連載。完結済み。原作は宮月新、作画は近藤しぐれ。2020年に橋本環奈主演で実写映画化決定。
→ シグナル100の詳しい記事はこちら

ホラー度    ☆☆☆

グロ度     ☆☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆☆

リアル度    ☆☆☆

ギャグ度    ☆

シグナル100ってどんな漫画?

とある高校、イジメや担任教師への暴力、脅しなどで酷い学級崩壊を起こしているクラスがあった。

そんなある日、担任教師がこの状況に限界を感じ、クラスメイトたちにある仕掛けを施す。

その仕掛けをきっかけに、次々とクラスメイトが悲惨な死に方をしていく...!

あらかじめ決められた100の行動の内、どれか1つでもその行動を取ると即刻「

しかし、その恐怖から解放される為の条件が存在し、その条件の存在によってクラス中が疑心暗鬼に包まれる...

恐怖と疑心暗鬼の極限状態で、生き残りを懸けた1日が始まる...!

シグナル100のここがすごい!

この「死」の仕掛けは呪いとかの類ではなく、ちゃんとした科学的なロジックがあります。

単なるデスゲームでは無く少しリアリティがあるところが恐ろしい...

そしてずーっと絶望感が半端ないです。

全てに絶望した担任教師が仕組んだ残虐な仕掛け、果たしてこれは単なる虐殺なのか、それとも然るべき罰を受ける自業自得によるものなのか...

この物語の結末はかなり衝撃的です。あなたはこの衝撃の結末を受け止められるか...?

“あの方たち”に食糧を…【食糧人類】

syokuryoningen食糧人類

[蔵石ユウ]

 出版社:講談社

2016年から2018年までeヤングマガジンにて連載。完結済み。原作は蔵石ユウ、作画はイナベカズ、原案は水谷健吾。メディア化情報は無し。

ホラー度    ☆☆☆

グロ度     ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆☆

食糧人類ってどんな漫画?

異常な温暖化が進んだ地球が舞台。

普通の男子高校生、いつものように帰宅する為バスに乗っていたら、乗客全員が眠らされてしまう。

謎の施設に運ばれる途中で運良く目を覚ました彼は、そこで信じられない光景を目の当たりにする…!

冷凍された人間、解体された人間、解体している人間、子供を産み続ける女性、ぶくぶくと太らされまるで養殖されているかのような人間、それを管理する人間…

この施設はいったい何なのか…

恐怖の脱出劇が始まる…!

食糧人類のここがすごい!

やばい施設に閉じ込められて脱出を試みる、鉄板のオモシロ展開ですよね!

謎の装置や道具、改造人間とか、とにかく色々やばい。

なかなかのバイオレンスっぷりです…

施設内で仲間もできるんですが、仲間も結構な異常っぷり…!

最後はまさかの展開に…?

超衝撃のクライマックス…!【屍鬼】

shiki屍鬼

[藤崎竜]

 出版社:集英社

2008年から2011年までジャンプスクエアにて連載。完結済み。漫画は藤崎竜、原作は小野不由美。2010年にTVアニメ化。

ホラー度    ☆☆☆☆

グロ度     ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆☆

リアル度    ☆☆☆☆

ギャグ度    ☆

屍鬼ってどんな漫画?

人口1300人の「外場村」が舞台。

周りから隔離されたような地域で、外部との接触はかなり少ない。

そんな村で住民の不審死が相次いでいた。

村唯一の医者「尾崎」は、この不審死を追っていく内に、あることに気づく...!

そうこうしている間に、村人の死は止まらず加速していく...

「生」や「死」について深く描かれた人間ドラマの物語でもある。

屍鬼のここがすごい!

どんでん返しの展開が凄すぎるっ!

まさかこんな展開になるなんて...と誰もが思うはず!

ストーリーの捉え方や視点が180度変わり、こんな作品他にはなかなか無いと思います。

」や「」についてどっぷり深く考えさせられ、人間の恐ろしさや醜さを実感しました...

これはマジでオススメですし、アニメもGood!

悪いのは全部大人達…【チルドレン】

childrenチルドレン

[三浦みう]

 出版社:スクウェア・エニック

2017年から2019年までマンガUP!にて連載。完結済み。作者は三浦みう。メディア化情報は無し。
→ チルドレンの詳しい記事はこちら

ホラー度    ☆☆☆

グロ度     ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆☆

リアル度    ☆☆☆

ギャグ度    ☆

チルドレンってどんな漫画?

高額のアルバイト案件で児童養護施設に来た大学生。

だが、初日から衝撃的な光景を目にする。

無邪気で可愛げがある子供たちと天使のような園長の数十人で暮らしているが、そこではある「お仕事」が行われていた。

可愛げな子供たちにも関わらず、「お仕事」になると倫理観の欠片もない残虐な行動を続ける...!

チルドレンのここがすごい!

物語は2巻で完結しているのでサクッと読みやすいです。

内容はなかなかヘビーですが、耐性がある人は次の展開に胸を躍らせる感じです。

耐性がない人は控えたほうが良いかもしれないです。笑

さらに特徴は、施設に居るのは全員子供で、なんなら園長も中学生という異常な平均年齢の低さ。

本作では大人はあまり登場しませんが、登場する大人はみんな悪者です。

過激でエグい問題作…【DEAD Tube】

deadtubeDEAD Tube

[山口ミコト]

 出版社:秋田書店

2014年からチャンピオンREDにて連載。2019年11月現在連載中。原作は山口ミコト、作画は北河トウタ。メディア化情報は無し。

ホラー度    ☆

グロ度     ☆☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆☆☆

リアル度    ☆☆☆

ギャグ度    ☆☆

DEAD Tubeってどんな漫画?

若者の間で話題になっている『DEAD Tube

視聴数を稼ぐためならどんな事でもして良い」というコンセプトの謎に包まれた動画投稿サイト。

期間ごとにテーマが与えられ、そのテーマに沿った動画を投稿して視聴者数を競い合う。

最終的な視聴者の数によって、動画投稿者へ”報酬”や”罰”が与えられる。

『DEAD Tube』に魅了され、簡単に犯罪や殺人にも手を染める多くの若者...

あまりにも惨い『DEAD Tube』このサイトの目的や正体はいったい...

DEAD Tubeのここがすごい!

とにかく動画がむごすぎるっ...!

視聴者数が最下位にならなければ、動画の為に何をしても許されてしまうのです。

視聴者数を稼ぐ為には、人を殺したり、犯したりなど、本当に何でもありのウルトラバイオレンスな作品です。

動画投稿者たちは頭のネジがブッ飛んでいて、やることがヤバすぎる...

謎が多くミステリー的な要素も強いので面白いです。

おわりに

僕が個人的に好きなおすすめの『ホラー・グロ』系の漫画を紹介しました。

怖いのやグロいのはわりと平気で好きですが、極限状態に陥った人間の心理描写も大好きです。

他のジャンルには無いスリル感や絶望感がクセになりますよね。笑

まだまだ面白い作品が眠っているジャンルだと思うので、気に入った作品は随時追加していきます!

最後まで見てくれてありがとうございました。

ではまた!

mizushiba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です