『SFバトル』系のおすすめ漫画6選|ガチの漫画オタクがジャンル別のおすすめ漫画を紹介

sfbattlemanga

どうも、少し偏ったバトル系も好きなみずしばです。

今回は、個人的におすすめな『SFバトル』ジャンルの漫画6選をご紹介します。

超能力や特殊能力はもちろん、頭脳や近未来の武器なども使って敵と戦う、迫力あるバトルやカッコよさを追求したジャンルです。

強敵と戦うシーンは熱くなること必至で、キャラクターたちが強くなっていく成長の物語も見どころですよね。

特殊能力系ってどれも似てない...?

と思った方、”能力”の部分だけ見れば似ている作品も多いかもしれませんが、その”能力”にある背景や物語の情景は全く違い、作品ごとのストーリー性が濃いのも特徴です!

念を押しますが、私は少し趣味が偏っているのでその辺はご了承ください。笑

それではそれぞれの漫画をご紹介してきましょう!(極力ネタバレはしません)

あなたの能力は「〇〇」です【出会って5秒でバトル】

deatte5byodebattle出会って5秒でバトル

[はらわたさいぞう]

 出版社:小学館

2015年から裏サンデーのマンガワンで連載。2019年11月現在連載中。原作ははらわたさいぞう、作画はみやこかしわ。メディア化情報は無し。

バトル度    ☆☆☆☆☆

ストーリー度  ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆☆

出会って5秒でバトルってどんな漫画?

日常に退屈さを感じているゲームが趣味のとある高校生が、突然謎の男に襲われることで物語は始まる。

持ち前のゲームセンスを駆使し何とか難を逃れるが、その後突如現れた謎の女に蹂躙されてしまう。

気が付いたら見知らぬ場所に同じ境遇の人々が何人も集められていた。

そこで、それぞれに特別な”能力”が与えられ、その”能力”を駆使したバトルが開催される。

この日をきっかけに、集められた人々の壮絶なバトル人生がスタートする...!

出会って5秒でバトルのここがすごい!

ゴリゴリの特殊能力系の漫画でもありますが、それに加え、主人公をはじめとする”頭脳派“の戦いが面白い!

“能力”と”脳力”を掛け合わせた壮絶な駆け引きも見どころです。

登場人物たちが抱える苦悩や葛藤などを描いたストーリーも抜群です。

能力の存在は、意外にもアナログに「あなたの能力は〇〇〇〇です」と文字だけで伝えられるのも渋い。

一見訳の分からない弱そうな説明文でも、そこには大きな可能性を秘めている...?

甦る”才能”という名の能力【リィンカーネーションの花弁】

riinka-ne-syonnokabenリィンカーネーションの花弁

[小西幹久]

 出版社:マッグガーエン

2014年から月刊コミックブレイドで連載。その後、月刊コミックガーデンに移籍し連載。2019年11月現在連載中。作者は小西幹久。メディア化情報は無し。
→ リィンカーネーションの花弁の詳しい記事はこちら

バトル度    ☆☆☆☆☆

ストーリー度  ☆☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆☆

リィンカーネーションの花弁ってどんな漫画?

これといった才能を持たず、生きる意味を見出せなかった凡人たちが、”才能”を手にしたことにより輝き、または苦悩する様を描いた物語。

ある条件を満たすと、前世の”才能”を自分に甦らせることができる。

最大の特徴は、その甦らせた”才能”は単なる”才能”ではなく、めちゃめちゃ“誇張された才能”=”特殊能力”ということ。

甦った”才能”を最大限駆使し、それぞれの目的や野望を果たすため、壮絶で壮大な戦いが繰り広げられる!

リィンカーネーションの花弁のここがすごい!

とにかく”才能”がめちゃめちゃカッコいい!

登場人物たちもかなり個性豊かで、その人物たちの苦悩を描いた物語は目頭を熱くさせます。

“才能”=”能力”を駆使したバトル漫画でもありますが、壮絶な人生を歩む者たちの人間ドラマでもあります。

それが望んだ才能でなかった時、あなたはどう生きる...?

悪を討つ悲しきダークヒーロー【サイコアゲンスト】

saikoagensutoサイコアゲンスト

[平石六]

 出版社:集英社

2018年から少年ジャンププラスで連載。2019年11月現在連載中。原作は平石六、作画は景山愁。メディア化情報は無し。

バトル度    ☆☆☆☆☆

ストーリー度  ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆☆☆

サイコアゲンストってどんな漫画?

近未来、人類には”第二進化型人類“と呼ばれる人間が存在した。

通称「セカンド」。

身体能力が極めて高く、一般人とは比較にならないほどの強さを持つ。

一部のセカンドはその力を犯罪などに悪用する可能性がある為、セカンドによる犯罪を取り締まる組織「監視局」が精鋭部隊を率いて目を光らせている。

そんな中、セカンドの仕業と思える惨殺な殺人が立て続けに発生した。

しかしその被害者はみな極悪人だった...

サイコアゲンストのここがすごい!

バキバキの特殊能力系ではなく、純粋に身体能力の大幅な向上で強さを表しています。

身体のある一部分だけが特出して進化している”特化型”のセカンドも存在しますが、基本は自身の戦闘スキルがものを言う武闘派な漫画でもあります。

特に”監視局”のメンバーは個性豊かで最高にカッコいい!

笑いも交えながら、クールでカッコいい”セカンド”たちに注目です!

アプリで戦う新感覚バトル【神アプリ】

kamiapuri神アプリ

[栗原正尚]

 出版社:秋田書店

2012年からヤングチャンピオンで連載。2019年11月現在連載中。作者は栗原正尚。メディア化情報は無し。
→ 神アプリの詳しい記事はこちら

バトル度    ☆☆☆

ストーリー度  ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆

リアル度    ☆☆☆☆

ギャグ度    ☆☆☆

神アプリってどんな漫画?

ある日突然、自宅にゴッド・ツールズという会社から謎のスマホが届く。

通称「神スマホ」と呼ばれ、その中には「神アプリ」と呼ばれる法外なアプリがいくつも入っている。

超越したハイテクノロジーで様々なことを可能にした、まさに夢のようなアプリ。

この”神スマホ”の存在や、それを開発している”ゴッド・ツールズ“の謎に少しでも近づく為、”神アプリ”を駆使した戦いが繰り広げられる...!

神アプリのここがすごい!

夢のようなアプリではありますが、意外にも現実的な部分も多いです。

電子機器等は神アプリがあれば何でもできますが、テクノロジーの力が及ばない物には神アプリでも一切操作できません。

アプリを使用するには課金が必要だったり、1日の利用制限もあったり...

無尽蔵に使える訳ではないあたりが、現実味があってバトルが面白くなるポイントです。

戦いをサポートする様々な”アイテム”にも注目です!

SFと言えばこれ!超SFバトル【GANTZ】

gantzGANTZ

[奥浩哉]

 出版社:集英社

2000年から2013年まで週刊ヤングジャンプにて連載。完結済み。作者は奥浩哉。2004年にTVアニメ化、2011年に実写映画化、2016年にフル3DCGアニメ映画化、etc…。

バトル度    ☆☆☆☆☆

ストーリー度  ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆☆

リアル度    ☆☆

ギャグ度    ☆

GANTZってどんな漫画?

ある日、二人の高校生が電車に轢かれて死亡してしまう。

その直後、とあるマンションの一室で目を覚まし、謎の球体に死亡したことを告げられる。

その後すぐに、同じ状況の者たちと共に謎のミッションに参加させられる。

特殊なスーツや武器が用意され、与えられたミッションをクリアしなければならない...!

幾度となく過酷なミッションに挑みながらも、登場人物たちのミッション外での生活や生き様など、苦悩を抱えた者たちの素の部分も濃く描いている。

常に”死”と隣り合わせの過酷で危険なミッションはいつまで続くのか...?

GANTZのここがすごい!

まず最初に”“から始まるという世界観が凄い。

ミッションの待機場所がマンションの一室など、細かい独特な設定が魅力的です。

登場人物たちの人間ドラマも面白いですが、やはりGANTZと言えばCGも利用した超SFバトル!

特殊な防具、特殊な武器、そしてミッションごとに変わる見るからに恐ろしい標的。

特にCGアニメ映画となった「大阪編」は漫画史上最高にアツい戦いで必見です!!

異色の人為変態バトル【テラフォーマーズ】

taraformarsテラフォーマーズ

[貴家悠]

 出版社:集英社

2011年から週刊ヤングジャンプにて連載。2019年11月現在、作者の病気療養のため休載中。原作は貴家悠、作画は橘賢一。2014年TVアニメ化、2016年に実写映画化。

バトル度    ☆☆☆☆☆

ストーリー度  ☆☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆☆

リアル度    ☆

ギャグ度    ☆☆

テラフォーマーズってどんな漫画?

人類の火星移住計画を進めるにあたり、火星で生物が生存できる環境を作る為、ある二つのものを火星に放った。

それが「苔(こけ)」と「ゴキブリ」。

時は経ち、火星に放った苔とゴキブリを駆除する為に、宇宙船”バグズ2号”の乗組員たちは火星に降り立つ。

が、そこで乗組員たちは衝撃の光景を目の当たりにし絶望する。

放ったゴキブリが異常に進化しすぎていて、人間の脅威となっていた。

火星の環境に耐える為に事前に「バグズ手術」を施していた乗組員たちが、ゴキブリどもに対抗する...!

テラフォーマーズのここがすごい!

設定が斬新でめちゃめちゃカッコいい!!

バグズ手術」と「M.O.手術

昆虫や他の生物の遺伝子を体内に取り入れることにより、人間サイズでその生物へと身体の一部を変態することが可能になる手術。

未知で超強敵の進化ゴキブリを殲滅する為に、乗組員たちが様々な生物へと変態し地球を守る!

特に”オフィサー“と呼ばれる宇宙船の幹部たちが最高にカッコいい。

そして、単純にめちゃめちゃ生き物に詳しくなります。

おわりに

僕が個人的に好きなおすすめの『SFバトル』系の漫画を紹介しました。

バトルそのものも面白いですが、その裏で描かれる人間ドラマも最高です。

特に青年誌の漫画はその辺がかなり濃く描かれることが多いので、個人的に大好きです。

バトル系の漫画はメジャーな作品が多いジャンルですが、マイナーでも面白い作品は山ほどあります!

どれも好きなので順番は付けられませんが、どれも面白いので是非読んでもらえると嬉しいです。

また面白い作品に出合ったら随時追加していきます。

最後まで見てくれてありがとうございました。

ではまた!

mizushiba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です