頭脳戦系のおすすめ漫画『賭博覇王伝 零』の紹介&レビュー “キングオブ謎解き!”

zero

どうも、ギャンブル系の漫画作者たちに囲まれてお酒を飲んでみたいみずしばです。

今回は、駆け引き・頭脳戦系の漫画『賭博覇王伝 零』の紹介&レビューをします。

『カイジ』で有名な福本伸行先生の作品では珍しく、少年誌での連載漫画です。

結局「カイジ」みたいな話なんじゃないの?

と思った方、福本先生の作品はそれぞれ世界観やギャンブルをやる目的、状況設定が違く味があるのです。

なんと言っても、超ハイレベルな謎解きバトルと人間の心理描写に注目です!

王を目指す究極の謎解きバトル『賭博覇王伝 零』

その魅力をご紹介していきます!(極力ネタバレはしません)

ギャンブル度  ☆☆☆☆

デスゲーム度  ☆☆☆

バイオレンス度 ☆☆☆

リアル度    ☆☆☆

ギャグ度    ☆☆

賭博覇王伝 零

[福本伸行]

 出版社:講談社

作品情報

作品名  賭博覇王伝 零
作者  福本伸行
ジャンル  駆け引き・心理戦
掲載誌  週刊少年マガジン
連載期間 前編:2007~2009年 後編:2011~2013年
単行本巻数 前編:8巻 後編:10巻
メディア化  2018年 実写ドラマ化

零はこんな人におすすめ

・駆け引きや謎解きが好きな人

・天才的な発想や判断力が好きな人

・読みながら自分も一緒に考えるのが好きな人

・王になりたい人

零ってどんな漫画?

主人公

宇海零

容姿端麗な17歳の青年。

中学は超進学校に進学。いわゆる優等生でかなりの秀才。

運動神経も良く、的確な状況判断、正義感の強さ、誰に対しても優しい、などのハイスペックな性格。

物語後半では義賊活動を本格化し、悪党にギャンブルを持ち掛け成敗している。

裏社会では”不敗のギャンブラー”として知れ渡ってきている。

概要と特徴

零が自殺系サイトで知り合った仲間に”義賊”になろうというところから物語は始まります。

“義賊”として詐欺グループと勝負をしている中で、予想外に暴力団とも絡み合うことになり、その流れで「在全グループ」の総統「在全無量」と出会います。

在全にその力を見込まれ、強制的に命懸けの「王への試験」を受けることに・・・。

賞金1,000億円を目指して、大富豪が建設したギャンブルと遊園地の融合施設「ドリームキングダム」で様々なギャンブルや謎解きゲームに挑みます。

精神・生命・肉体を賭ける究極のギャンブルバトル!零とその仲間は最後まで生き残ることができるのか・・・?

なお、少年誌ということもあり、暴力表現はやや抑え気味で、謎解き要素が多めです。

零のここが魅力!

ほかの作品と比べてギャンブル要素は低いですが、謎解きのレベルが段違い!これを考えている福本先生は本当にバケモノです・・・。

「ドリームキングダム」では園内に難易度ごとにアトラクションが設けられているのですが、その設定がミソなのです!

難易度が高ければもちろんゲットポイントは高くなるし、低ければそれ相応のポイントしかもらえない・・・。

最終クリアまでのポイント、制限時間、力量など、参加者それぞれの状況に応じてどのアトラクションを選ぶのかが鍵となります。

園内には何百人というプレイヤーがいるので人気アトラクションはもちろん・・・。

また、理屈や理論など頭を使うゲームだけでなく、物理的にも物事を考えなければならないゲームも多く、飽きさせません!

ゲーム内ではちょっとした言葉や文字に謎が隠されているかも・・・?全ての言動に注目して見ると、より世界観に入り込めて楽しめると思います!

盲点というか、とにかく裏切られっぱなし!騙されたい人にはうってつけの漫画です!

同じ福本作品では「カイジ」や「アカギ」も有名ですが、気になった方はぜひキングオブ謎解きギャンブル「賭博覇王伝 零」読んでみてください!

作者とその他関連情報について

作者

福本伸行(1958年12月10日)

1980年月間少年チャンピオンで「よろしく純情大将」でデビュー。

作風はギャンブル系の作品が多く、緻密な心理描写や強烈な人物描写が特徴。

本人も麻雀が好きで競馬は嫌いらしい。

主な有名作品は「カイジ」「アカギ」「銀と金」「黒沢」など。

主なメディア化

2018年に加藤シゲアキ主演(宇海零役)で実写TVドラマ化。

その他キャストは、間宮祥太朗・小関裕太・加藤諒・ケンドーコバヤシ etc…

おわりに

キングオブ謎解きギャンブル「賭博覇王伝 零」を紹介させていただきました。

何一つ正解が分からなかった...笑

これを考えられる福本先生の頭の中を覗いてみたいですね。

零が少しでも気になった方はぜひ覗いてみてください!クーポンやポイントも貰えて使いやすいです。
→ 零を「ebookjapan」で覗いてみる

実写ドラマ化もされているので、そちらの方が見やすくて入りやすいかもしれません。

そのあと漫画も読んでもらえると嬉しいです!

他の頭脳戦・ギャンブル系の漫画もまとめて紹介してますので、是非こちらの記事も↓

sinrisenkeiosusume『駆け引き・頭脳戦・心理戦』系のおすすめ漫画7選|ガチの漫画オタクがジャンル別のおすすめ漫画をご紹介

最後まで見てくれてありがとうございました。

ではまた!

賭博覇王伝 零

[福本伸行]

 出版社:講談社

mizushiba-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です